1. TOP
  2. セミナー
  3. カーボンニュートラルとは?わかりやすい実務講座
  4. カーボンニュートラル超入門講座

カーボンニュートラル超入門講座のご案内

個人でのお申込み(外部サイトpeatixへ)

法人でのお申込み

「SDGs」といキーワードは、身の回りで目にしない日はないほど、広く浸透をしています。
持続可能な社会を実現するために、エネルギー転換と気候変動への対応という点で
切っても切り離せないのが「脱炭素(カーボンニュートラル)」です。
この取組みは2兆円のグリーンイノベーション基金、ESG投資の対象となり
多くの企業で注目されています。
ただし、巷にあふれる情報は、大規模であったり、専門的な内容がが多く
関心があるものの、どこか他人事になってしまってはいないでしょうか。

本セミナーでは、地域での脱炭素活動を推進する講演者が
「今さら聞けない」重要キーワードを解説しながら、
さまざまな優遇措置や身近にできる取り組みをわかりやすくご紹介いたします。
持続可能な社会の実現に参画する第一歩として、この機会を是非ご活用ください。

お申込み頂いた方には、2022年6月出版の「30のキーワードで理解する カーボンニュートラル」を
もれなく進呈いたします。

何の略語かわかりますか?

セミナー概要

参加対象者
・脱炭素化、カーボンニュートラルの基礎知識をつけたい社会人の方
・脱炭素化、カーボンニュートラルに興味のある学生の方
日程・開催形式
2022年12月21日(水)15時~17時
[オンライン形式]
※アーカイブ配信をおこないます。
※定員は100人です。定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加料
web会員の方 5,500円(税込)/名
web会員以外の方 11,000円(税込)/名

個人でのお申込み(外部サイトpeatixへ)

法人でのお申込み

こちらで「web会員」登録もできます。

講師のご紹介

増原 直樹(ますはら なおき)

兵庫県立大学環境人間学部准教授。
環境NGO・NPOでの実践の傍ら、地方自治体の環境基本計画・エネルギー計画、低炭素施策 の策定プロセス・計画内容の研究を進め、2013年に総合地球環境研究所(地球研)に転任。
2018年からの上級研究員を経て、2021年より現職。
著書に
『地熱資源をめぐる水・エネルギー・食料ネクサス』(共著/近代科学社/2018)
『都市の脱炭素化』(共著/大河出版/2021)
などがある。

カリキュラム

  1. 既に身近な「カーボンニュートラル」
  2.  国際機関や政府が本気で推進する背景
  3.  注目度が高まる中で企業や家庭でも加速する取り組み 
  4.  これからの動き ~チャンスとするために知っておくべき優遇措置、今すぐできる具体的な取組み~  
  5.  質疑応答

参加者特典

新刊書籍1冊無料進呈

書籍

脱炭素にかかわる「いまさら聞けない」「知っているつもり」のキーワードを厳選し、その定義から用語を取り巻く環境、最新の動向までを図を用いながらわかりやすく解説。

【目次】
はじめに
Chapter1 “脱炭素化”(カーボンニュートラル)とは何なのか?
 1-1 脱炭素化(カーボンニュートラル)の基礎知識
 1-2 なぜ脱炭素化を目指すのか
Chapter2 キーワードで理解する脱炭素化
 2-1 なぜ脱炭素化が必要なのか? 環境にどう影響するのかを知る
 2-2 脱炭素化を実現する方法・技術
 2-3 脱炭素化に向けた企業の取り組み
 2-4 カーボンリサイクルの取り組む
 2-5 これからの社会の動きを読み解く
用語集

お申込に際して

参加申込規定

  • 開催前に、申込責任者様あてに、参加証・請求書をメールで送付いたします。
  • 請求書が届き次第、小会指定の銀行口座にお振込みください。なお、手数料はご負担ください。
  • Web会議ツール「Zoom」を使用したセミナーとなります。ご確認のうえお申込ください。
  • 受講にはカメラ・マイクつきパソコンが必要です。

お願い・お断り

  • 開催日当日は、録音・録画等に使用する機材の持ち込みはご遠慮ください。
  • ご参加予定の方が、当日お越しになれない場合は、代理の方がご参加ください。
    代理の方のご参加も不可能な場合は、小会の規定により、キャンセル料を申し受けますので、あらかじめご了承ください。
    開催7日前(開催日を含まず起算)~前々日…参加料の30%
    開催前日・当日…参加料全額
    ※万一、キャンセルの場合は、必ずFAXまたはE-Mailにてご連絡ください。
  • 免責事項:天災地変や伝染病の流行、セミナー会場・輸送等の機関のサービス停止、官公庁の指示等、小会が管理できない事由によりセミナー内容の一部変更および中止のために生じたお客様の損害については、小会ではその責任を負いかねます。あらかじめ、ご了承ください。
  • 万一、開催日の直前になっても、参加証が届かない場合は、お手数ですが、小会までご連絡ください。

お問い合わせ

一般社団法人人材開発協会 事務局
〒103-6009
東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー9F
mail:hrda@jmam.co.jp

お問い合わせフォーム

人材育成をサポートする
すべては人材開発協会で。

お役立ち資料無料ダウンロード

web会員の方は資料を無料でダウンロードいただけます。

無料お問い合わせ

生産マイスターや人材育成に関するご質問などお気軽にお問い合わせを。

セミナー情報