生産マイスター検定ベーシック級トライアルキャンペーン

生産マイスター検定は、ものづくりの現場で活躍するすべての人を対象に、生産活動に必要な知識(役割、品質、コスト、納期、安全、環境)の水準を診断する検定です。

2019年度の受検者数は4,400人を超え、ものづくりを担う人材育成の方法として活用される企業様が増えてきております。


今回のキャンペーンは、第20回検定試験(2021年6月27日(日)予定)に限り、「ベーシック級検定料の割引」さらに「ベーシック級公式テキスト」を無料贈呈させていただきます。

生産マイスター各級のうち、初級であるベーシック級は、多くの企業様で「新人・若手の方に必要な仕事の基本(基本態度と知識)を習得するプログラム」として活用されており、公式テキストによる短期間の学習でチャレンジいただけます。

申込用紙ダウンロード

キャンペーン概要

生産マイスターベーシック級公式テキスト
内容 ベーシック級の検定料+公式テキスト(書籍)
7,150円(税込)のところ
セット割引 3,300円(税込) ※3,850円値引
対象 生産マイスター検定の導入を初めて検討される企業・事業所。
申込期間 2021年5月26日(水)まで承ります
※団体会場受検は5月19日(水)まで承ります。
申込方法 受検申込用紙(PDF)をダウンロード、ご記入の上、電子メールに添付、もしくはFAXにてお申込みください。
 電子メール送付先:hrda@jmam.co.jp
 送付先FAX番号:03-3555-1172
お問合せ キャンペーンに関するお問合せは以下までお願いします。
 一般社団法人 人材開発協会
 TEL:03-6362-4370
 FAX:03-3555-1172
 MAIL:hrda@jmam.co.jp

生産マイスター検定 ベーシック級 検定内容

検定のねらい

ものづくりの現場で働く新人・若手を主な対象として、「生産活動の意義や目的を理解しているか」「基本的な改善手法を理解してるか」「 生産スタッフとしての心がまえが身についているか」を問います。

おもな出題項目

役割(R) 品質(Q) コスト(C) 納期(D) 安全(S) 環境(E)
生産活動の目的、5S活動による職場づくり、見える化、小集団活動の目的 QC・TQC・TQMの概要、作業標準の順守、ISO9000ファミリー、設備保全・日常保全 作業ロスと設備ロスと材料ロス、改善の手順、自主保全のしかた 計画標準の立て方、負荷調整・日程調整の方法、季節変動の意味、計画表の消し込み ヒヤリハットとハインリッヒの法則、労働安全衛生法の意義と内容 典型7公害の概要と工場における対策、工場の環境問題を規制する法令や規制

第20回検定試験の概要

検定試験日程

2021年6月27日(日) 試験時間11:00〜12:30(※ベーシック級)

検定会場

  • 公開会場:当協会指定の公開会場での受検になります。
    開催地 :札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
  • 団体会場:お申込企業が用意された会場での受検になります。

出題範囲と形式・合格基準

  • 出題範囲:品質、コスト、納期・生産管理、安全、環境、役割
  • 試験形式:マークシート方式(多肢選択のほか、計算問題やミニケース)
  • 合格基準:原則として60点以上
申込用紙ダウンロード